なんとなく、起業できてしまう女性は多いと思います。ある程度のたくわえがあったり、夫の収入があるため家計と切り離して「仕事」を考えても生活ができたりしてしまいます。そのため計画性もなくダラダラと創業時にお金を使い、そのうちどんどん減っていく通帳になんだか不安を感じます。事業計画がそもそもたっていないので、自分が提供できる「モノ」や「サービス」をいったいいくらで売ればよいかが適正価格で設定されておらず、傍から見ていると気分でビジネスらしきものをやっているように見えてしまい、自分自身もいつまでたっても自信がつかないままやっているつもりで楽しんでいるのがつらくなってきます。

 

提供する「モノ」や「サービス」が悪いのではなく、「やり方」を知らないだけだということに気がつきません。

 

個人事業主になるには管轄の税務署に開業届を出せばOKです。法人になるのは登記を行えばOKです。

届を出し、そこから何をどうすればよいのか。たくさんの事例をみている専門家にアドバイスを受け、伴走してもらうのは心強いだけではなく、憶測で不安になるような無駄な時間を過ごさなくてよくなります。

 

司法書士

  • 法人登記
  • 契約書作成

税理士

  • 会計管理
  • 税金対策

行政書士

  • 各種届け出の代行

インテリアコーディネーター

  • 家具の調達の相談
  • リフォームの相談
  • 新築の相談

不動産業

  • サロン、事務所などの賃貸物件
  • 空き家物件の紹介

レンタルオフィス・スペース

  • 仕事スペースの確保
  • 他業種との交流

テキストが入ります。テキストが入ります。

 テキストが入ります。テキストが入ります。

テキストが入ります。テキストが入ります。

テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。

テキストが入ります。テキストが入ります。

テキストが入ります。テキストが入ります。