事業を始めたり、事業を継続していこうとするときに、誰とつながるかってとても重要だったりします。

同じスタートラインに立った仲間も必要ですし、先に行って成功している先輩方の背中も必要です。

そして、責任を持てる知識を伝えられる専門家とのつながりはとても大切です。 


能登のとと楽という言葉をご存じ?

能登に限らず、北陸の女性は働き者。起業していなくたって働き者。働いて、家事をして、育児をして。それが当たり前。

でも、そこを一生懸命やることによって得る幸せ感は、女性が一番わかっている。

だからこそ、「時間」を大切に。マルチタスクで頑張れる。

だからこそ、無駄な時間を過ごす暇はない。仕事の時間も、家族の時間も、自分のための時間もほしいのだから。

↑↑↑↑↑

彼らはこの北陸で貴女の時間を2倍にも3倍にも増やしてくれる、専門家集団。

「北陸自営女子サポーター」

 

知り合ってみたくなりませんか?

 

こっちは、東京や世界から貴女を応援したいと言っている企業です。

↓↓↓↓↓


地元の行政だって応援しています。

石川県・金沢市・金沢商工会議所・石川県商工会議所連合会

どうしたら、知り合いになれるか。それをまず教えてもらえる機会を作りました。

「北陸TUNAGARU(つながる)マルシェ」

これが、今回あなたにお知らせしたかった、ちょっとワクワクするチャンス到来のイベント。


自営女子100名(たぶん)と、サポーター40社のTUNAGARU、つながれ、つながっちゃえイベント。

サポーターさんたちは、なんとお金をだして、「サポーターになる♪」と言い出した人たち。

まんまと主催者の口車に乗ってしまったのかどうかは定かではありませんが、、、

初めて、この企画を聞いた時のサポーターさんたちのお顔は、忘れられません。

毎日毎日ワクワクとこの企画を聞いてくれたサポーターさんたちは、

「ご協賛」という形でもこのイベントを盛り上げてくださっています。


普通、イベントの協賛というと、チラシに広告載せるから「ご協賛いただけませんか?」

というのがほとんどです。

主催者の私もこれまでいろいろご協賛させていただいてきました。

それも、ひとつの「応援」の形なのですが、

もうひとひねり欲しいんです。

だって、この「拡散」の時代。共感ポイントも共有ポイントもないんじゃ「拡散」なんておこらない。

ワクワクしない。

 

だから、仕組みを作りました。

主催者は単に今までコツコツやってきたことを、人に伝わる形にしただけなのですがね。

 

①サポーター(協賛社)は当日お客様にプレゼンできません。

②サポーター(協賛社)はすごく絞ったターゲットをサポートできるサービスでしか紹介してもらえません。

③サポーター(協賛社)は当日参加者といっしょにイベントに参加しないといけません。

 

こんな条件を「わかった♪楽しそう!」とサポーター(協賛)に志願してくださった方々。

ちょっと会ってみたくなりますよね?

もしかして、お人よしの大バカ者かもしれないですけど。

 

でも、きっと、出会った人はラッキー!と思うに違いない。

と信じている、ここに一番のお人好しで大バカ者、、、それが主催者なのです。


 北陸TUNAGARUマルシェ実行員会

J300mini石川・福井

JimdoCafe金沢

JimdoCafe武蔵

株式会社シェヘラザード

コーチングフォレスタ

紙バンド販売店あとむ

ITオンチのかかりつけ医.あぽじら


私にボスはいない。

だって、人にいちいちお伺いを立ててやりたいことがやれるチャンスを逃すのが嫌だったんだもの。

という脱サラリーマン組。

経営者って自分で選択して、自分で決断して、なんだかとても孤独を感じることがあるの。

時々相談できるボスがいたらッて思うわ。

 

私は自営女子。

自営している女子。

自ら仕事もプライベートも営んでいる女子。

 

北陸の自営女子とそれを応援したいサポーターのための「北陸TUNAGARUマルシェ」

まずは、地元でつながって、そして、日本へ、世界へつながって。